ダンベルを使った筋トレメニュー6種目【自宅でも手軽に】

ダンベルを使った筋トレメニュー【自宅でも手軽に】

この記事では、ダンベルのみを使用した自宅でも簡単にできる、筋トレルーティンをご紹介します。このルーティンは実際にボディビルダーも行っていると言われている筋トレメニューで、以下では各エクササイズの内容とともに、フォームについても解説していますので、是非ご参考にしてください。

ダンベル

ダンベルを使用する筋トレをおすすめする理由

ダンベルを使用した筋トレにはメリットがたくさんあります。
ダンベルは重い物から軽いものまでありますが、重量を変えることによって、トレーニング強度を調節することができます。また、ダンベルを使ったエクササイズは非常に多くあり、自分の目標やフィットネスレベルに合わせてトレーニングプランを自由に組むことができます。そのため、ダンベルの筋トレは全身をターゲットにしてトレーニングが可能という点が最大のメリットともいえます。

ダンベルを使った筋トレメニュー6種目の内容

運動名セット数回数
ダンベルゴブレットスクワット4セット8~10回
ダンベルルーマニアンデッドリフト4セット8~10回
ダンベルスクワット3セット8~10回
ダンベルレッグカール3セット8~10回
ダンベルランジ3セット8~10回
プランク3セット20秒

ダンベルを使った筋トレメニュー6種目の正しいフォームとポイント

1. ダンベルゴブレットスクワット- 4セット 8~10回

ダンベルスクワット
  • 効果: 大腿四頭筋、ハムストリングス、臀部、腹直筋に効果があり、下半身全体の筋力を向上させます。
  • 注意点: 背中をまっすぐに保ち、膝がつま先よりも前に出ないように注意しましょう。 腰を丸めないようにし、正しいフォームを維持しましょう。

2. ダンベルルーマニアンデッドリフト- 4セット 8~10回

ダンベルルーマニアンデッドリフト
  • 効果: ハムストリングス、広背筋、腰筋に効果があり、特にヒップと腰の安定性を向上させます。
  • 注意点: 背中をまっすぐに保ち、腰を前傾させないようにしましょう。 膝を微妙に曲げたまま、ダンベルを下ろしましょう。 重い重量を使う場合は、慎重に行ってください。

3. ダンベルスクワット- 3セット 8~10回

ダンベルスクワット
  • 効果: 大腿四頭筋、ハムストリングス、臀部に効果があり、下半身全体を均等に鍛えれます。
  • 注意点: 背中をまっすぐに保ち、膝がつま先よりも前に出ないようにしましょう。

4. ダンベルレッグカール- 3セット 8~10回

ダンベルレッグカール
  • 効果: 大腿二頭筋(ハムストリングス)に特に効果があり、裏腿部の筋力を向上させます。
  • 注意点: 背中を床につけたまま、ダンベルを使って足を曲げ伸ばしする際、正確な動きと安定性が重要です。

5. ダンベルランジ- 3セット 8~10回

ダンベルランジ
  • 果: 大腿四頭筋、ハムストリングス、臀部に加え、腹直筋や腹横筋にも働きかけ、バランスと下半身の柔軟性を向上させます。
  • 注意点: 膝がつま先よりも前に出ないようにし、安定した動作を心掛けましょう。 正確なフォームを保ちながらランジを行います。

6. プランク- 3セット 20秒

プランク
  • 効果: 腹横筋、腹直筋、背中の筋肉、ヒップ、肩に効果があり、コアの安定性を向上させます。
  • 注意点: 体がまっすぐのまま、背中が凹まないようにしましょう。 腰が上がらないように注意し、プランクを維持しましょう。

ダンベルを使ったエクササイズを何種類か覚えると、飽きずにそして効果的にトレーニングを行うことができます。今回紹介したのは、ダンベルを使った全身の筋トレルーティンでしたが、その他で、ダンベルを使用した筋トレもこちらで紹介しているので、是非チェックしてみてください!>>ダンベルを使った下半身の筋トレ6種目ルーティン

このルーティンをいつでもどこでも確認できるようにしたいなら、筋トレ記録アプリ「バーンフィット」の使用がおすすめです。
>>バーンフィットのアプリをダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

FOrbes Health

Best Workout data tracking部門 2年連続選定

運動データ分析ベストアプリ
(2022年~2023年)

FOrbes Health

Best Workout data tracking部門 2年連続選定

運動データ分析ベストアプリ
(2022年~2023年)

This will close in 20 seconds